内臓脂肪 減らす サプリ

内臓脂肪を減らすサプリランキング!

内臓脂肪を減らすサプリどれを選ぶ?実力人気ランキング!

ポーンと出たポッコリお腹。

 

内臓脂肪を減らすサプリどれを選ぶ?実力人気ランキング!

 

若い頃とは違ってなかなか痩せませんよね。

 

それは、内臓脂肪が原因かも!

 

ちょっと気を抜くといつのまにかついている内臓脂肪。

 

内臓脂肪は、お腹の中にある腸間膜(ちょうかんまく)という腸を固定する膜に蓄積します。

 

そのため、内臓脂肪が過剰に蓄積するとお腹がぽっこりと出っ張った肥満体型になります。

 

内臓脂肪は皮下脂肪に比べ代謝活性(たいしゃかっせい)が高いため、食事を節制し、運動を積極的にすれば皮下脂肪に比べ比較的減らしやすい脂肪といわれています。

 

内臓脂肪を減らすサプリどれを選ぶ?実力人気ランキング!

 

でも、実はサプリを使うと減らしやすくなると言われるんです。

 

このサイトでは、おすすめのサプリメントをランキング形式でご紹介します。

 

サプリメントでペタンコお腹を目指しましょう!

 

スリムフォー

 

スリムフォー

 

スリムフォーの公式サイトはこちら

 

【スリムフォーの特徴】

 

  • ダイエットサプリslimfor(スリムフォー)は消費者庁に届け出済みの機能性表示食品!
  • お腹の脂肪を減らすのを助けるサプリメントです。
  • 葛の花イソフラボンで、脂肪の蓄積を抑え、分解をサポートしてくれる成分を配合。
  • 内臓脂肪と皮下脂肪、両方減らすのを助けます。

 

 

価格

定価9,800円(税抜)初回2週間分980円

内容量

120粒

備考

2回目以降5,980円(税抜)。いつでも休止可能です。

 

スリムフォーの総評

 

スリムフォーは皮下脂肪や内臓脂肪を減らすのを助けるサプリメント!

 

葛の花の抽出物は脂肪を分解する成分として科学的根拠が認められているので、機能性表示食品として取り扱われています。

 

1日4粒飲むだけでケアできるのでとても簡単。

 

続けられるのも人気の秘密です。

 

科学的根拠が証明された機能性表示食品だからダイエットの強い味方になるんですね。

 

2週間のお試しができるのも嬉しいですね。

 

 

スリムフォーの公式サイトはこちら

 

 

 

 

シボヘール

 

新規原稿追加の為

 

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>公式サイトはこちら

 

【シボヘールの特徴】

 

  • 今大注目の機能性表示食品である「シボヘール」!
  • お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)ウエスト周囲系を減らす機能性がある葛の花由来イソフラボン配合
  • おなかの脂肪が気になる方、ウエスト周囲系が気になる方におススメの1日4粒飲むだけ

 

 

価格

3,218円(税込)→らくらく定期便980円(税込)

内容量

120粒入(約1カ月分)

備考

2回目以降は2,808円でお届けします。いつでも変更、休止ができるコースです。

 

シボヘールの総評

 

シボヘールは葛(くず)の花イソフラボンの効果により飲むだけで脂肪を減らす機能性表示食品です。

 

その効果は臨床試験により実証されており、科学的根拠があります。

 

パッケージに「お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)を減らす」「体重とウエスト周囲径を減らす」と、大きく書かれているのも期待できそうですね。

 

実際に効果があったという口コミも多く寄せられています。

 

 

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>公式サイトはこちら

 

 

 

イージースムージーグリーン

 

イージースムージーグリーン

 

【イージースムージーグリーン】の公式サイトはこちら

 

【イージースムージーグリーンの特徴】

 

  • 【体重を減らす】助ける機能のスムージーです!
  • ウエストを細く、お腹の脂肪を減らしたい方へお勧めです!
  • お腹の脂肪を減らすのを助けるイソフラボンは【葛の花由来イソフラボン】だけです。

 

 

価格

6,000円(税抜)→定期便4,800円(税抜)

内容量

180g

備考

3回の継続がお約束です。

 

イージースムージーグリーンの総評

 

イージースムージーグリーンには、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。

 

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があると報告されています。

 

肥満気味な方、BMIが高みの方、お腹の脂肪が気になる方、ウエスト周囲径が気になる方に適した商品です。

 

【イージースムージーグリーン】の公式サイトはこちら

 

 

内臓脂肪とは

 

そもそも内臓脂肪ってどのような脂肪なのでしょう?

 

内臓脂肪とは、消化器で栄養を吸収するときに余ったエネルギーが消化器の周りなどに蓄えられたもの。

 

特に男性につきやすく、腹全体がリンゴのように丸く出ることから「リンゴ型肥満」とも呼ばれます。

 

内臓脂肪を減らすサプリどれを選ぶ?実力人気ランキング!

 

内臓脂肪は、エネルギーの貯蔵庫のようなもの。

 

簡単に増え、簡単に分解されてエネルギーとして分解されます。

 

つまり、集中して短期間で減らすことが可能なのです。

 

内臓脂肪が増えるデメリット

 

ここまで聞くと、内臓脂肪は、見た目以外特に悪いことはないように思えます。

 

しかし、内臓脂肪が増えすぎると、糖尿病や脂質異常症といった命に関わる病気の原因になってしまいます。

 

内臓脂肪は短期間で確実に減らしたい脂肪です。

 

内臓脂肪の特徴まとめ

 

内臓を囲むようにつく

 

つきやすいが、比較的落としやすい

 

放っておくと、生活習慣病のリスクが高まる

 

内臓脂肪が燃焼するメカニズムとは?

 

内臓脂肪が燃焼するメカニズムをまとめていきます。

 

脂肪細胞に蓄積された体脂肪は、運動などによってエネルギー源として使用されます。

 

運動などで体温が上昇し、血糖値が下がると、下がった血糖値を安定させるために脂肪細胞からエネルギーを取り出す「グルカゴン」というホルモンが分泌されます。

 

このグルカゴンから指令を受けて、体脂肪は、脂肪分解酵素の「リパーゼ」によって分解され、血液中に溶け出して、筋肉で運動エネルギーとして消費されます。

 

こうして、脂肪は減っていくのです。

 

リパーゼの働き

 

内臓脂肪を減らすサプリの多くは、「リパーゼ」を活性化を補助することで内臓脂肪の減少に働きかけます。

 

つまり、内臓脂肪を減らすサプリは、運動を全くしないで飲んで寝るだけの生活では効果が期待できませんが、ある程度運動をする人には科学的に考えると効果が期待できると言えます。

 

内臓脂肪にラクトフェリンが効果的って本当?

 

ラクトフェリンとは、ラクトフェリンは哺乳類の母乳に多く含まれる糖タンパク質のこと。

 

母乳のほか、唾液や汗、涙にも含まれています。鉄と結びつく性質があるため赤みがかった色をしています。

 

生まれたばかりの乳児は免疫力が低く、そのままだと様々な細菌やウイルスに感染してしまいます。

 

しかしラクトフェリンが豊富に含まれる母乳を飲むことで免疫力を獲得!

 

乳児の腸内環境は善玉菌が90%以上と非常に多いですが、その環境を作り出しているのがラクトフェリンであると考えられています。

 

内臓脂肪を減らすサプリどれを選ぶ?実力人気ランキング!

 

このラクトフェリンに、中性脂肪やコレステロールが増加する原因であるLPSという物質を中和する働きがあることが、研究から明らかになっています。

 

ラクトフェリンをマウスに投与すると、血液中の中性脂肪と遊離脂肪酸が減少します。

 

更に脂肪が溜まりやすい肝臓の中性脂肪とコレステロールが減少します。

 

 

ラクトフェリンを試してみるなら、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌がオススメです。

 

 

【ラクトフェリン+乳酸菌】を試してみる


 

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌は、高品質ラクトフェリン300mg配合のラクトフェリンサプリ!

 

注目成分であるフェカリス菌+ビフィズス菌も配合しています。

 

1日に必要なラクトフェリン300mgと、2つの乳酸菌(ビフィズス菌、フェカリス菌)を一度に摂ることができるやさしいサプリメントです。

 

ラクトフェリンは業界では珍しい、贅沢な生乳由来

 

乳酸菌は、高生存種のビフィズス菌とフェカリス菌を配合。

 

耐酸性カプセルでしっかりとお届けします。

 

また、天然のオリゴ糖配合で、イキイキする環境づくりも。

 

納得の安心感と実感力がリピーターが多い理由です。

 

一度公式サイトからホコニコのラクトフェリンをチェックしてみましょう。

 

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌をチェックしてみる


 

ホーム RSS購読